『VRP NICHION MUSIC PROJECT vol.1』 とは・・・
「おかちまちパンダ広場」のVR化に伴い、リアルからヴァーチャルへの移行そして融合。
リアルの世界からVRではなく、VRの世界からリアルの世界へ
そしてその融合を目指し、リアルとヴァーチャルそしてテレビ・ラジオの既存のメディアへ。
絶対なくならない娯楽「音楽」の可能性を大きく広げるコンテスト。
変わりゆく日々を一緒に乗り越えていく未来を担うアーティストの誕生を目指します。
VR映像での音楽やパフォーマンスを重要視しつつ、リアルのパフォーマンスも重視します。
全方位アーティストの出現を期待!!!

募集要項

『VRP NICHION MUSIC PROJECT vol.1』は、
株式会社 日音からの楽曲リリースの権利獲得をかけたコンテストです。
特典として、グランプリアーティストには株式会社 日音からの楽曲リリースが確約。
またその楽曲に関しての様々なPR活動やリアルとVRどちらとものライブ活動を支援。
注)この企画は、応募アーティストの本企画以外の活動を拘束するものではありません。

応募資格

●本企画の活動について、いかなる制限や契約もない方に限ります。
※マネジメント・オフィスやレコード会社に所属されている場合は応募できません

●応募曲として、オリジナル楽曲が必要です。
JASRACやNexTone等の著作権管理団体に登録していない楽曲であることが条件です。
この楽曲が予選選考及びリスナー等の投票の対象となります。

●応募曲は、オリジナル楽曲によるオリジナル音源に限定します。
他人の著作権や原盤権を侵害する、あるいは侵害すると事務局が判断した楽曲・音源による応募はできません。
いわゆるサンプリングは、市販の「権利フリー音源」などのように、
明示的にサンプリング利用が許諾されているものだとしても、オリジナルではないと判断した場合は失格となります。
その他、事務局が不適当と判断した応募曲は失格とみなします。

●各賞を受賞した際の応募曲は日音にて著作権を登録致します。その際に作家取り分は作詞25%、作曲25%とします。

●今後、VRパンダ広場内での公開に関してはコンテスト終了後も継続されることに同意願います。

●演奏形態、ジャンル、個人・グループかを問いませんが、ライブ演奏のできる方に限定致します。

●年齢は不問です。但し、未成年の場合は保護者の同意が必要です。

●エントリー後、書類選考も行いますのですべてが一次審査に進めるとも限りません。

審査方法

●VRとリアルの融合が見える娯楽としての「音楽」を審査の対象とします。
音楽はいつの時代においてもすべての人の娯楽です。楽しい音楽だけではなく、喜怒哀楽という素晴らしい能力を持った
我々人間の心を掴む音楽を奏で、なおかつ未来の音楽シーンを想像させるアーティストを見つけていきます。

●歌詞の世界観だけでなく、アーティストとしての世界観を感じさせてくれる「世界観」を審査の対象とします。
想像を働かせてくれる「世界観」を重要視する事により、VRパンダ広場内にグランプリアーティストの世界を
将来的に作り出せるような、娯楽としての「音楽」を重視したテーマパーク作りまで考えさせてくれる
アーティストの出現を期待し、その原石を見つけていきます。

●VRおかちまちパンダ広場での視聴数を審査の対象とします。
アーティストのパフォーマンスを審査するのはもちろん、リスナーからの支持を重視し
未来の活動への明るい光を見つけていきます。

皆さまのエントリーをお待ちしております。

※エントリーは 2021年5月10日(月)からとなります。

各賞(各1組)

グランプリ>
楽曲制作費・PVおよび映像制作費・PR活動費等、楽曲に関わるすべての制作費(遠方の場合、交通費〈日本国内に限る〉も含む)を日音が負担。

<準グランプリ>
HP等での告知およびVRパンダ広場内での活動の優先権。

<審査員特別賞>
審査員自らが企画したプロジェクトへの参加。

概要

●エントリー期間
2021年5月10日(月)~2021年7月16日(金)(予定)

●一次審査
2021年7月16日(金)~2021年7月31日(土)(予定)
VRおかちまちパンダ広場内特設ステージにて一般審査+審査員による審査

●決勝審査
2021年8月8日(日)~8月9日(月・祝)(予定)
VRおかちまちパンダ広場内特設ステージにて一般審査+審査員による審査
※グランプリアーティストはリアルのおかちまちパンダ広場でのライブパフォーマンスを後日披露。

審査員

●中西康夫(株式会社 日音 プロデューサー)
●Face 2 fake(作曲家・アレンジャー )
●渡邉知明(株式会社 日音 取締役 メディア部 部長)
●小澤宏一(大阪RUIDO 店長)
●橋本まさし(スタジオ サウンドダリ チーフエンジニア プロデューサー)
●大西直樹(ネクストロード プロダクション プロデューサー)
●田中直人(ATO ボーカルスクール 代表)
●酒井崇司(名古屋 新栄 SPADE BOX ブッキングマネージャー)
●安斎敏昭(株式会社 クロスウェーバー プロデューサー)

エントリー先

音声データ、映像データ等をギガファイル便等のファイル転送サービスを利用して下記メールアドレスへ送付。
その際にアーティスト名、メールアドレス、年齢、本名(もしくは代表者名)を明記の事。
また歌詞をWORDデータで添付。

エントリー先 : vrp_nichion@s-panda.jp

お問い合わせ

お問い合わせ、質問等は以下までご連絡ください

お問い合わせ先:vrp_nichion@s-panda.jp

シタマチ.パンダ GWフェス

(C) Copyright 2021 シタマチ.パンダ All Rights Reserved.